トップページ > ソフト製品案内 > 確認申請

確認申請にも対応

確認申請にも対応

平面図データをもとにして、建築確認申請やその他の申請に必要な、壁量計算やN値計算、天空率、日影図などの計算やチェックを行います。作成したしたデータは、2次元汎用CAD(ユニCAD)で自由に編集することができます。

 

■壁量計算

平面図や下地設定と筋違いをもとに、壁量・充足率・偏心率を自動計算します。
筋違いや構造用合板などの追加・削除の編集も簡単に行え、変更した内容はすぐに計算結果に反映されるので、計算結果を随時確認しながら強度計算が行えます。

壁量&バランスを瞬時に計算・チェック

 

筋違い&耐力壁の配置検討

筋違い&耐力壁の配置検討

配置した筋違いや耐力壁は、瞬時に計算結果に反映され、適合・不適合の結果を確認できます。不適合な箇所は赤く表示されるので、確認しながら筋違いの配置検討が行えます。

 

■N値計算

筋違いや合板の入力状況を自動で読み取って、柱頭柱脚金物をN値計算によって自動算出します。
筋違いの取り付き方向や位置の変更による再計算も瞬時に自動計算するので、柱金物の省略設計にも利用できます。

自動でスピーディなN値計算&金物集計

 

すぐに分かる金物集計結果

すぐに分かる金物集計結果

N値計算によって配置された金物をスピード集計。
集計結果には、柱の柱頭柱脚金物の数量が集計されるだけでなく、筋違い金物の数量も集計されます。

 

N値計算&金物集計

 

■天空率

平面図・敷地図で入力した図面をもとに「天空率計算」と「天空図作成」を行います。
制限適合建築物と計画建物の両方を同時に立体表示することで、制限内に おさまっているか一目で把握することができます。

天空図対応の自動天空率計算

 

天空率計算に必要な内容を自動計算&作成

複数の書類を一括印刷 【ユニCAD】

適合建築物と計画建物の情報から、天空図、アイソメ図、三斜求積図、位置確認表を自動で作成します。
一番厳しい測定点だけの出力にも対応しています。

 

■日影図

平面図データと敷地図を元に、都道府県名や緯度経度や作成時期を選択設定して自動で日影図を作成します。
また、等時間日影図を同時に作成することもできるので、建物外観形状の考察にもご利用いただけます。
作成した内容は、ユニCADで加筆修正することも可能です。

時刻日影図と等時間日影図を同時に作成