B-MOSソフト構成一覧

ホーム > 製品案内 > 動作環境

建築業務をトータルサポートするB-MOS製品群

 

B-MOSの多彩なソフト構成一覧

「B-MOS」のアプリケーション群はすべて自社開発。
だから、スムーズ連動と扱いやすい操作性を実現!

B-MOS Ver16 の動作環境

動作環境は、弊社製品のバージョンアップやリリースなどにより、予告なく変更される場合があります。( 2017/08/10現在 )

 

CPU

Pentium4 以上(推奨 Core Duo以上)

ハードディスク

5GB 以上の空き容量

メモリ

1GB以上 (推奨 2GB 以上)

OS ( *1 )

・Microsoft Windows10 (B-MOS Ver14.0R1より対応)
・Microsoft Windows8.1 /Pro (B-MOS Ver13より対応)
・Microsoft Windows8 /Pro (B-MOS Ver11.1より対応)
・Microsoft Windows7 (B-MOS Ver8.1より対応)
・Microsoft Windows Vista/SP1  (B-MOS Ver6.03aより対応)

画面解像度

(*3)

1280×768以上

色数

TrueColor

グラフィック
( *2 )

DirectX9.0cに対応したグラフィックボード、
若しくはOpenGL対応のグラフィックボード(推奨 グラフィックメモリ256MB以上)

DVD-ROM

B-MOSのインストールに、DVD-ROMの読み込み可能なドライブが必要

USB端子

USBプロテクトチップの接続に必要 (パソコンのUSB端子に直接接続)

その他

インターネット環境
※インターネットを利用したネットアップデートサービスや最新ソフトのダウンロード・部品ダウンロードおよびサポート等に利用します。)

 

※Windows XPについては、マイクロソフト社のサポート終了に伴い、弊社としましても十分なサポートを行えなくなったことから動作保証の対象外とさせて頂きますので、その点につきましては予めご了承下さい。

 

*1 Windows 7,8,10は、32bit版と64bit版に対応しています。64bitOS上では、32bitアプリケーションとして動作します。
Windows 7,8,10以外のOSは32bit日本語版のみの対応となり、64bit版OSは未対応となります。

*2 [ライブ]オプションを利用する場合は、DirectXに対応したグラフィックボードが必須となります。

*3 スケーリングには対応していないため、画面表示が崩れる場合があります。

 

【注意事項】
以下のパソコン環境では、HASPプロテクトドライバ(B-MOSを動作させるためのプロテクトドライバ)に問題があるため、B-MOSが動作しませんのでご注意下さい。(2012/4/1現在)


  ・東芝TVチューナーソフトがインストールされたパソコン
  ・DigiOn社TVチューナーがインストールされたパソコン

 

 

ライブでのコントローラ操作について (2013/01/22現在)

Ver11.1より「ライブ」でコントローラによる操作が可能となりました。
「ライブ」で対応するコントローラは、Xinput対応コントローラとなります。

 

最新のDirectXはコチラからダウンロード

 

 

DirectXについて

DirectXとは、Microsoft社が開発したソフトウエアで、高性能機能の集合体の総称です。
DirectXを使うことで、Windows環境でのグラフィックス描画などの処理速度が向上します。

 

【 動作確認済コントローラ (2013/01/22現在)】

 

 

OpenGLについて

OpenGLとは、簡単に言うと3次元データなどを描画するグラフィック言語のことを言います。このグラフィック言語にはOpenGLの他にもDirect3Dなどいろいろなものがあります。
OpenGLに対応したグラフィックボードを使用すると、高品位なグラフィックを高速に描画します。