トップページ > リフォーム用 耐震診断ソフト 「耐震チェッカー」

日本建築防災協会の一般診断方に対応した耐震チェッカー

耐震リフォーム >>> 耐震診断ソフト「耐震チェッカー」

耐震診断って?

国土交通省監修・(財)日本建築防災協会発行「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法と精密診断法1:保有耐力診断に対応した耐震診断ソフト「耐震チェッカー」

 

【対応診断法】
 ・耐震チェッカーVer2 ・・・2012年度版 一般診断法&精密診断法1:保有耐力診断対応

※耐震チェッカー2012年版(最新)が、一般診断法について一般財団法人日本建築防災協会でのプログラム評価を取得しました。

昭和56年5月以前の建物はもちろん、住まいのリフォームをするなら、「耐震チェッカー」使って耐震診断して耐震リフォームをしましょう!

 

2012年度版「一般診断法」&「精密診断法1:保有耐力診断」に対応!

分かりやすいインターフェイスと画面構成

一般財団法人 日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の2012年度版に準拠した新しい『耐震チェッカー』を近日リリース!

 

 精密診断にも対応
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
新しい『耐震チェッカー』では、従来の「一般診断法」以外に「精密診断法1:保有耐力診断法」にも対応いたしました。

精密診断では、部材やその接合部分など、詳細なチェックを行うので、 精度の高い診断を行うことができます。

 

■耐震診断ソフト「耐震チェッカー」で耐震診断&補強計画

分かりやすい操作性と画面構成の「耐震チェッカー」が、耐震診断の作業効率を大幅に改善します。

分かりやすいインターフェイスと画面構成

分かりやすいインターフェイスと画面構成

診断図面作成と診断書を同時に見れる2画面表示!
入力しながら結果がすぐに分かるので、ミスの防止や作業効率の効率化を実現します。

補強対策点を一覧表示

補強対策点を一覧表示

「現況の診断は出来たけど、どこを補強したら良いか分からない・・・」
そんな時は「対策」ボタンをクリック!

耐力が不足している原因、箇所、効果的な補強方法を、診断結果とともに表記します。現場と診断結果を考慮して、効果的で的確な補強計画が素早くたてられます。

 

すぐに把握できる補強箇所表示

すぐに把握できる補強箇所表示

「補強したけど、どこに何箇所、何をしたか忘れてしまった・・・。」
そんな時もご安心ください。

「補強数量」ボタンをクリックすると、何を何箇所補強したか一目瞭然。部材をクリックすれば、図面上に補強箇所を表記します。

 

診断結果をグラフ表示

診断結果をグラフ表示

「現状の耐震性能をふまえた耐震リフォームの必要性、補強結果をお客様に分かりやすく説明したい・・・」
そんな時は、「診断グラフ」をご活用ください。

上部構造評価点のグラフ表記はもちろん、現状の強さと補強した結果の強さの比較などをグラフで見やすく表記するので、とってもシンプルで分かりやすいので、お客様にも容易に説明できます。

助成金の申請に必要な耐震診断書を一括印刷できます。
また、施主への説明用の資料も同時に印刷できるので、申請にも提案にも使えます。

※一般財団法人日本防災協会発行
「木造住宅の耐震診断と補強方法」に掲載の書式を参考にしています。

 

耐震シミュレーション

3D耐震シミュレーション

現況の建物および補強後の建物が倒壊するかどうかをシミュレーションすることが出来ます。

診断書と合わせてお客様に見せることで、より具体的な提案および報告が行えます。

 

「B-MOS」や「せっけい倶楽部」で作成したプランデータと連携

「B-MOS」や「せっけい倶楽部」で作成したプランデータと連携

「耐震チェッカー」では、建築CAD「B-MOS」や家づくりの入門ツール「せっけい倶楽部」(フリーソフト)のプランデータを読み込んで自動で耐震診断できます。

B-MOSをご利用中なら、過去の新築OB客の物件が改修時期を迎えた時に、素早く耐震診断ができます。受注を勝ち取る提案型の耐震診断&耐震補強をしましょう!