耐震診断ソフト(耐震チェッカー
)

ホーム > 製品案内 > 図面力 > 耐震診断(耐震チェッカー)

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」を使って今すぐ始める耐震診断

 

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」

耐震診断について

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」は、国土交通省監修・(財)日本建築防災協会発行「木造住宅の耐震診断と補強方法」一般診断法精密診断法1:保有耐力診断に対応しています。

 

 

耐震チェッカー2012年度版準拠

 

 

B-MOSのここがポイント

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」で耐震診断&補強計画

分かりやすい操作性と画面構成の「耐震チェッカー」が、耐震診断の作業効率を大幅に改善します。

分かりやすいインターフェースと画面構成

診断図面作成と診断書を同時に見れる2画面表示!
入力しながら診断結果がすぐに分かるので、ミスの防止につながり、作業を効率的に行えます。

 

ミスの防止&作業効率アップ

 

耐震補強対策点を一覧表示

補強対策点を確認して補強計画!

「現況の診断は出来たけど、どこを補強したら良いか分からない・・・」ということもあると思いますが、そんな時は「対策」ボタンをクリック!

耐力が不足している原因、箇所、効果的な補強方法を、診断結果とともに表記します。

現場と診断結果を考慮して、効果的で的確な補強計画が素早くたてられます。

 

スピーディな耐震補強計画

 

すぐに把握できる耐震補強箇所表示

補強計画をいつでも確認!

「補強したけど、どこに何箇所、何をしたか忘れてしまった・・・。」そんな時もご安心ください!

「補強数量」ボタンをクリックすると、何を何箇所補強したか一目瞭然。「部材」をクリックすれば、図面上に補強箇所を表記します。

 

補強部材数量を一覧表示

 

耐震診断結果をグラフ表示

結果がすぐにわかるグラフ表示!

「現状の耐震性能をふまえた耐震リフォームの必要性、補強結果をお客様に分かりやすく説明したい・・・」
そんな時は、「診断グラフ」をご活用ください。


上部構造評価点のグラフ表記はもちろん、現状の強さと補強した結果の強さの比較などをグラフで見やすく表記するので、とってもシンプルで分かりやすいので、お客様にも容易に説明できます。

 

耐震診断結果をグラフ表示&出力