トップページ > B-MOS活用術

B-MOS活用術

前へ

03

 取り扱い部材を整理してコストダウン

 

■コストダウンを図って利益を確保!

増税や物価上昇によって商品コスト等が上昇する中、 いかにコストダウン出来るかが重要です。
このコストダウンには色々な方法がありますが、 今回ご紹介するのは、取り扱い部材の種類を減らす事によるコストダウン。
同一の部材を大量発注することにより、単価が落ちることでコストダウンが図れます。

 

取り扱い商品を整理してコストダウン

 

■原価のコストダウンは会社の利益

大量発注による原価のコストダウンは、会社の利益に繋がります。

原価のコストダウン

 

■建具・住器部品等のパターン選択を使って商品を限定

原価のコストダウン

 

「建具」や「住器部品」を入力する際の一覧リストは、自由にカスタマイズすることが出来ます。
自社の取り扱い商品にあわせてリストの内容をカスタマイズすることで商品が整理され、おのずと同一の部材を使用することになり、コストダウンに繋がります。

 

積算情報の設定→連動積算

積算情報の設定

最新の価格にもすぐに対応

  • 一覧リストに登録した「建具」や「住設部品」には、積算情報の設定を行う事ができます。簡単操作で価格の変動もすぐに対応することができます。
    設定した積算内容は、連動積算に反映します。

 

簡単操作で自社カスタマイズ

簡単操作でカスタマイズ

マウス操作で簡単設定

  • 「建具」・「部品」の一覧リストの内容は、マウス操作で簡単に登録・変更・削除を行う事が出来ます。
    自社の内容にカスタマイズすることで、間取りの入力スピードもアップします。