B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

大地震に備えた「耐震診断」・「耐震補強」

 

 

近年国内各地では、大阪北部地震(2018)、茨城県北部地震(2016)、鳥取県中部地震(2016)、熊本地震(2016)などの震度6以上の大きな地震が相次いで起こり、人々の地震に対する防災意識が高まっています。

 

今後、いつどこで起こるかわからない大地震に対してあらかじめ対策を施しておくことが大切です。

 

なぜ耐震診断・耐震補強が必要?

 

耐震診断・耐震補強は、大地震から大事な住まいや家族を守るために必要

住まいの「耐震診断」は、人間の「健康診断」と同じことです。

耐震診断は住まいの健康診断

耐震診断によって耐震性能を正確に診断し、その結果に対して適切な耐震補強を行う事が、いつどこで起こるかわからない大地震に対して、住まいや家族を守るための備えとなります。

 

昭和56年に制定された「新耐震設計基準」前に建築された建物は、耐震性能が不足してるものが多数あり、大きな地震の際に住宅が倒壊しないためにも積極的に「耐震診断」を実施し、診断結果に応じて「耐震補強」を行いましょう!

 

なぜ必要?

●建物の現状を知るため

●大地震から住まいと家族を守るため

●旧建築基準法による建物は耐震性能が不足しているため

 

 

 

「耐震診断」や「耐震リフォーム」の需要拡大に備えて

 

耐震診断専用ソフト「耐震チェッカー」で不安を解消

耐震チェッカー

近年の大地震や台風などの自然災害による被害による耐震性への不安を解消するために、「耐震診断」や「耐震リフォーム」の需要拡大が予想されます。施主からの突然の相談にもすぐに対応できるよう、備えておきましょう!

 

耐震診断を行うためには、信頼できる専用ソフトが必要です。ここでお役に立てるのが、耐震診断専用ソフト「耐震チェッカー」!

「耐震チェッカー」を利用すれば、スピーディかつ効率的に耐震診断 および補強計画を行うことが出来ます。

 

耐震チェッカーのポイント

●分かりやすいインターフェイスと画面構成
●補強対策点を一覧表示
●すぐに把握できる補強箇所表示
●診断結果をグラフ表示
●耐震シミュレーション
●「B-MOS」や「せっけい倶楽部」で作成したプランデータと連携

 

 

他のリフォームとあわせて耐震リフォーム

 

リフォームをまとめてコストを削減

リフォーム+耐震リフォーム

クロスや壁のリフォームなどを検討する際には、あわせて耐震診断を行うことが、非常に有効となります。

耐震診断の結果によっては、耐震リフォーム(耐震補強)が必要となる場合もありますが、通常のリフォームと同時に耐震リフォームを行えば、別々に工事を行うよりもコストダウンにつながるため、お客様の負担を減らすことができます。

 

耐震診断による住宅ローン減税等の各種優遇措置もあわせると、金銭的な負担が大幅に削減できます。

 

+耐震リフォーム

●太陽光発電リフォーム

●外壁屋根のリフォーム

●水まわりのリフォーム

●増改築リフォーム