B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

サッシの入力も楽々マウス操作で完了

 

 

間取り入力が完了したら、次はサッシ・建具の入力!

 

サッシや建具は、間取り入力した壁の上に重なるように入力します。 サッシや建具が入力されると同時に、壁や柱は自動的に削除されるので、入力したい場所をクリックするだけで、入力作業が完了します。

 

通常、サッシや建具を入力する際は、引違やドア、引戸などの種類を選択する必要がありますが、そんな選択操作を省いて、サッシや建具を自動で行える「Aotu建具」機能を利用することで、さらにスピーディなサッシ・建具の入力が行えます。

 

 

建具のタイプ・デザインを選んで建具を入力

 

 

任意による建具入力では、あらかじめ建具の種類や幅・高さを指定して平面図上に任意で入力を行います。
壁の上でサッシをとクリックするだけで簡単に入力が行えます。
入力位置にある壁や柱は自動的に削除されるので、気にせず入力作業が行えます。

 

 

➀.入力する建具のタイプ・デザインを選択

入力する建具タイプをクリックします。

表示される建具リストから使用する建具を選択します。

 

入力する建具のタイプ・デザインを選択

 

 

②.建具の配置位置をクリック

建具を入力したい位置をクリックします。

建具の入力後に建具を変更したい場合も、「記号の内容修正」コマンドで簡単に変更することが可能です。

 

建具の配置位置をクリック

 

入力したい間取りを読み取って自動で建具を入力

 

自動による建具入力では、入力した部屋や壁の長さなどの情報を読み取って、状況に合わせたサッシや建具を自動配置します。「Auto建具」を利用すると、種類選択等の操作を省略することができるので、サッシ・建具入力が楽々完了します。自動配置後のサッシ・建具は、自由に編集することもできます。

 

 

【一括自動入力】

「Auto建具」コマンドの「全体オート建具配置」をクリックすると、各部屋にあった建具を自動で配置します。建具のタイプやデザインの変更や、ドアの開き方向などは、編集機能を利用すれば簡単に変更可能です。

 

建具を一括自動入力

 

 

【部屋指定および位置指定の自動入力】

「Auto建具」コマンドの「部屋指定自動入力」では、建具を自動入力する部屋の指示、「位置指定自動入力」では、建具を入力する位置を指示することによって、建具の入力が行えます。一括入力と同じように建具のタイプやデザインを選択する必要がないので、スムーズに入力作業が行えます。

もちろん、建具のタイプやデザインの変更や、ドアの開き方向などは、編集機能を利用すれば簡単に変更可能です。

部屋指定および位置指定の自動入力