B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)なら補助金125万円がもらえるチャンス!

 

みなさんはZEH支援事業をご存知ですか?

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「住宅で年間に消費するエネルギー量」と「住宅で年間につくるエネルギー量」の差がゼロ、もしくは創るエネルギー量のほうが多くなる住宅のことです。

消費エネルギーが少ないので光熱費が削減できる上に、今なら国からの補助金125万円が受け取れるチャンスもあります!

 

近い未来、スタンダードになることが予想されるZEH。

補助金が受け取れるこのチャンスを見逃さないようにしましょう!!

 

ZEHを知ろう

 

ZEH(ゼッチ)=ゼロエネルギー住宅

 

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略で、「ゼッチ」と呼ばれています。

 

住まいの断熱性・省エネ性能を上げることによってエネルギーを減らす「省エネ」と太陽光発電などによってエネルギーを創りだす「創エネ」で、年間のエネルギー消費量が概ね「ゼロ」になる住宅のことをいいます。

 

ZEHのイメージ

 

 

ZEH普及に向けた国のロードマップ

国の政策としても「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH」)の実現を目指す」とする政策目標を設定されています。これからは、ZEH仕様の住まいがスタンダードになると予想されます。

ZEHのロードマップ

 

ZEHの補助金を受けるには?

では、ZEHに関する補助金を受けるには、何をしたらよいのでしょうか?

 

今がチャンス125万円

ZEHの補助金を受けるための条件はいくつかあります。大前提として、ZEHの基準を満たしている住宅、および設計・建築する会社が「ZEHビルダー」として登録していることが条件となります。

 

今なら、いくつかの諸条件をクリアすることで、国の補助金制度(地域区分・建物規模によらず一律125万円)が利用できます。

 

 

ZEH補助金を受けるための条件

【補助対象となる事業者】

・新築住宅の建築主

・新築建売住宅(※)の購入予定者

・または既築住宅の所有者

 

【補助対象となる住宅】

①申請者が常時居住する住宅。

②専用住宅であること。

③既築住宅の場合は、申請時に申請者自身が所有していること。

④新築建売住宅(※)の場合は、申請者は建売住宅の購入予定者であること。

⑤賃貸住宅・集合住宅は対象外。

※建売を前提に建築され、一度も登記されたことのない住宅

 

【交付要件】

①ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること。

1)住宅の外皮性能は地域区分ごとに定められた強化外皮基準(UA値)以上であること。

2)設計一次エネルギー消費量は再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されていること。

3)太陽光発電システム等の再生可能エネルギー・システムを導入すること。売電を行う場合は余剰買取方式に限る。

4)設計一次エネルギー消費量は、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されていること。

 

②申請する住宅は「SII」に登録されたZEHビルダーが設計、建築または販売を行う住宅であること。

※「ZEHビルダー」には事前の登録が必要となります。

 

ZEHビルダーの検索: https://sii.or.jp/zeh28/builder/search/

 

③導入する設備が一定の要件を満たすものであること。

 

④要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。

 

⑤既築住宅は、住宅全体の断熱改修を含み、導入する設備は原則として全て新たに導入すること。

 

 

【補助金額および上限額】

①補助対象住宅

・交付要件を満たす住宅

 一戸あたり 定額 125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)

・交付要件を満たし、寒冷地特別外皮強化仕様(1,2地域において外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅

 一戸あたり 定額 150万円

 

②蓄電システム

補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。

・蓄電システムの補助額  :蓄電容量 1kWh当たり5万円

・蓄電システムの補助額上限:補助対象経費の1/3または50万円のいずれか低い金額

 

③導入する設備が一定の要件を満たすものであること。

 

④要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。

 

⑤既築住宅は、住宅全体の断熱改修を含み、導入する設備は原則として全て新たに導入すること。

 

【公募スケジュール】

一次公募 平成28年 04月28日(木)~ 平成28年 05月20日(金)17時必着

二次公募 平成28年 05月23日(月)~ 平成28年 06月10日(金)17時必着

三次公募 平成28年 06月13日(月)~ 平成28年 07月01日(金)17時必着

四次公募 平成28年 07月04日(月)~ 平成28年 07月22日(金)17時必着

五次公募 平成28年 07月25日(月)~ 平成28年 08月12日(金)17時必着

六次公募 平成28年 08月15日(月)~ 平成28年 09月02日(金)17時必着