B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

需要高まる「耐震性」への検討は「構造チェッカー」

 

東日本大震災以降は、「耐震性」の向上に対するニーズが高まっていますが、平成28年4月16日未明に発生した熊本地震を受けて、さらに「耐震性」への意識が高まることが予想されます。

住宅建築業者にとっては、これらのニーズにスムーズかつスピーディに対応するための業務改革が急務となっています。

 

住まいの「耐震性」は、安心して暮らすために必要不可欠な性能です。

今まで以上に、安全で安心な暮らしを支える住まいづくりを実現しましょう!

 

「構造チェッカー」で耐震等級取得における問題を解決!

 

耐震等級の検討・取得

耐震性能の向上には耐震等級の検討・取得がポイントとなります。

 

この耐震等級もしくはを取得するには、「品確法・住宅性能表示」による検討と「許容応力度設計」による検討の二通りの検討方法がありますが、それぞれ問題点があります。

 

 

 

耐震等級②・③取得の問題点
スパン表(住宅性能評価)

スパン表(住宅性能評価)は簡単に利用できる反面、様々な問題点があります。

 

●横架材スパン表は、材種・材幅が限定されるため設計の自由度が下がる。

●集成材の強度特性を活かせない。

●基礎のスパン表は、人通口の記載がなくあいまい。

●アンカーボルトの選定が正しいか不安。

 

 

許容応力度構造計算

許容応力度構造計算は、物件毎に詳細な構造検討ができる反面、様々な問題点があります。

●高い専門知識がないと計算できない。

●計算量が膨大で手間や時間がかかる。

●設計コストが高くなる。

 

 

構造チェッカーが解決します!

 

 

長期優良住宅に対応した「構造チェッカー」

「構造チェッカー」は、「品確法の壁量規定」の簡単チェックと 「許容応力度設計」の高度で優れた点をミックスした”新”長期優良住宅対応ソフトです。壁量規定の簡易性とスピードを備えながら、 許容応力度で壁量規定の弱点を効果的にカバーしているので、自社でしっかり活用できます。

 

また、「構造チェッカー」は、(公財)日本住宅・木材技術センターの「木造建築物電算プログラム」として認定された信頼できるソフトです。

 

木造建築物電算プログラムに対応

 

 

「構造チェッカー」は、こんなところがポイント 令46条の壁量・充足率・偏心率計算を自動で素早く完了

令46条の壁量計算で必要となる「見付面積」や「床面積」、「1/4エリアごとの床面積」をプラン形状から自動で算出します。各面積表は、図面と詳細な計算表があるので、計算根拠を容易に確認することが出来ます。

 

また、同時並行で耐震・耐風・耐積雪等級の壁量(性能表示壁量)の計算も完了するので、構造設計をミスなく効率よく行えます。

壁量計算を自動で素早く完了

 

床倍率計算に必要な耐力壁線や火打ち構面をい判定&図表示

耐力壁線に囲まれた区画ごとに配置された床構面や火打ち構面を基に、床倍率を自動判定します。

筋交い、面材耐力壁の追加や編集もリアルタイムに反映するので、効果の高い床区画の設計ができ、設計効率もアップします。

 

また、床倍率の検討とあわせて、床・屋根の外周の横架材継手仕口のチェックも同時に完了します。

床倍率計算を自動判定&図表示

 

 

横架材の曲げたわみ計算を計算を

桁梁、母屋、棟木、登り梁などの部材を1本1本詳細に許容応力度計算によってチェックします。各部材は、一覧表で確認できるので、NG部材(赤色表示)をすぐに発見することができます。NG部材については、「梁背(d)」ボタンをクリックして材背を変更するだけでOK。

 

躯体荷重分布図で桁梁材をクリックすると、応力図や検定結果や使用した低減率などを簡易表示。

安全性能が高く経済性も高い小屋組設計を支援します。

桁梁、登り梁、母屋、棟木の曲げたわみ

 

 

梁や柱の荷重負担状況を詳細表と図面で表示

固定・等分布・積雪荷重を図面に自動で反映させて、桁梁が荷重負担する領域を自動で亀の甲状又は、根太直行方向に分割して荷重を算定。鉛直荷重分布図では負担領域とその荷重詳細や柱の荷重も見やすく表記します。

計算根拠を図面や計算表でチェック

 

 

土台とアンカーボルトを一本ずつ検定

アンカーボルトの仕様・引張耐力・せん断耐力、土台の仕様、曲げ耐力、コーン破壊耐力を一覧表表示。

アンカーボルト1本毎に計算してるから、それぞれの詳細積算、荷重反面力、モーメント図をすぐに画面表示可能。チェックも申請も安心です。

アンカーボルトと土台の検定/詳細計算

 

 

耐震診断をグラフ表示

「構造図」で入力した基礎を読み込んで、基礎全体の許容耐力、フーチング、基礎梁の長期・短期応力を自動で完了!フーチングの検定は自動配筋機能が付いているので、耐力が足りない場合の変更も簡単スムーズ。

基礎の許容耐力の算定