B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

長期優良住宅&認定低炭素住宅による税制優遇。

 

住宅の寿命を延ばす取り組みとしてはじまった「長期優良住宅」や2020年の改正省エネ基準の先駆けとしてはじまった「認定低炭素住宅」の認定制度ですが、最近耳にすることも多くなったのではないでしょうか?

どちらも「高性能な住宅」となりますが、一般の住宅に比べて建築にかかる費用が高くなってしまいます。

国としては良質な住宅の建設を促進するため、これらの認定を取得した住宅については、さまざまな優遇制度を導入して、その普及を後押ししています。

 

税制優遇を使って高性能な住宅をお得に建築しましょう!!

 

 

 

長期優良住宅

「長期優良住宅」の認定を受けることで、「所得税の優遇」「登録免許税の減税」「不動産取得税の優遇」「固定資産税の減額期間延長」など税制上の優遇措置や期間延長を得ることが出来ます。

 

2009年6月4日から「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、税制上の優遇や住宅ローンの金利優遇など長期優良住宅の認定を受けることで多くのメリットを得ることが出来ます。これら多くの優遇処置によって、長期優良住宅の普及率や認知度も高まっていますが、今後もさらに普及・認知が進むことが予想されます。

 

 

住宅ローン減税

 

投資型減税

 

登録免許税

 

不動産取得税

 

固定資産税

 

■長期優良住宅については、国土交通省/長期優良住宅の普及の促進に関する法律関連情報 をご確認ください。

 

■長期優良住宅の税制優遇については、国土交通省/長期優良住宅に対する税の特例 をご確認ください。

 

 

 

認定低炭素住宅

「低炭素建築物」の認定を受けることで、「所得税の優遇」「登録免許税の減税」など税制上の優遇措置を得ることが出来ます。

 

エネルギー利用や地球温暖化問題に関する意識が高まっている中、低炭素・循環型社会の構築を図るため、「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年9月5日に公布され、平成24年12月4日に施行されました。
「都市の低炭素化の促進に関する法律」では、市街化区域等内で低炭素化のための措置が認められた「認定低炭素住宅」は、税制優遇措置の対象となります。

 

 

住宅ローン減税

 

登録免許税

 

■低炭素建築物については、国土交通省/低炭素建築物認定制度 関連情報 をご確認ください。

 

■低炭素建築物の税制優遇については、国土交通省/認定低炭素住宅に対する税の特例 をご確認ください。