B-MOSマガジン

ホーム > B-MOSマガジン

耐震チェッカーで「いのちを守る」耐震リフォーム

 

新築住宅の着工戸数が減少する中、リフォームや建て替えに関心を持つ人が確実に増加しています。

水まわりやお風呂のリフォーム、クロスの張替えなど様々なリフォームの検討時には、耐震診断を実施することをお勧めします!

 

耐震補強でお得で安心リフォーム

リフォームや太陽光パネルの設置の際に建物の強度(耐震性)をチェックをしてますか?

 

昭和56年5月以前の建物はもちろんですが、リフォームする際はあわせて耐震診断して耐震リフォームすることをお勧めします。「耐震診断/耐震補強」は、建築業者にとっては工事金額の増加にともなう利益の向上、お施主様にとっては一元的な工事による費用負担の軽減や住まいの耐震性が向上するなど、両者にとって効果的な工事となります。「耐震診断/耐震補強」を行うことでリフォーム範囲も広がります。

 

 

①クロスや壁のリフォームとあわせて耐震リフォーム

クロスや壁のリフォームなどのリフォームをするタイミングが、「耐震診断/耐震補強」するチャンスです!クロスや壁のリフォームと合わせて行うことで効率よく工事をすることができ、費用面でも通常のリフォームと別々に行うよりも大変お得に行うことができます。

 

 

②太陽光パネルの設置とあわせて耐震リフォーム

太陽光発電システムの設置にともなって太陽光パネルを屋根に載せれば、それだけ荷重が増えることになります。新築住宅を設計する際に、将来の太陽光パネル設置までを考慮して耐震性能を検討されていれば問題ありませんが、そうでなければ耐震性に不安が残ります。不安を解消するためにも、太陽光パネルの設置する際は、耐震リフォームも行いましょう!

 

通常のリフォームとあわせて耐震リフォームもお勧め!

 

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」で耐震診断&補強計画

2012年度版「一般診断法」&「精密診断法1:保有耐力診断」に対応した耐震診断ソフト「耐震チェッカー」!

手間のかかる耐震診断も、専用ソフトを使えば手軽に計算・チェックが行えます。

「どこに補強すればいいの?」、「どこに何箇所補強した?」などの補強対策点や補強箇所もすぐに把握できるから、耐震診断もスムーズに行えます。

 

■太診断結果はグラフ表示して施主に分かりやすくご提案

補強の必要性や補強結果を言葉で伝えるのは難しい・・・。

結果をグラフ表示することで、お施主様にわかりやすく説明でき、視覚的にも伝えることができます。

 

 

診断結果はグラフ表示して施主に分かりやすくご提案

 

 

「B-MOS」や「せっけい倶楽部」と連携してすぐに診断開始

耐震診断ソフト「耐震チェッカー」では、建築CAD「B-MOS」やフリーソフト「せっけい倶楽部」で作ったプランデータを直接読み込む事ができます。プランデータを利用すれば、すぐに耐震診断を行う事ができます。

 

過去に建てた新築OBの方々の物件データを、改修時期を迎えた時の利用する事で、プランの再入力を行う必要が無く、素早く耐震診断できます。