B-MOS Ver18誕生 2019年4月リリース

ホーム > 最新リリース情報

 

新元号にも対応!!

2019年4月1月 B-MOS Ver18 リリースしました!

 

「B-MOS保守契約」をご契約頂いているユーザー様には、Ver18のリリース後にインストールディスクを順次、郵送させて頂きますので、楽しみにお待ち下さい。なお、いち早くご利用したい方は、B-MOSユーザー専用ページよりダウンロードしてご利用ください。(ダウンロード公開:2019年4月予定)

※ご自分が保守に入っているかどうかを知りたい方は、下記アドレスまでお問い合わせ下さい。

その際は、会社名およびプロテクトに記載のシリアルNoをご記入ください。

 

   ■保守契約状況の確認先 support@houtec.co.jp

 

 

B-MOS Ver18で追加される機能の一部をご紹介!

ネットワーク対応で、設計・積算業務が効率化!

 

複数台のB-MOSを利用しているユーザーは、
社内LANを利用して、B-MOSのデータをみんなで共用化!

 

物件データや図面データの共用化はもちろんですが、建物初期設定や積算の計算方法、壁や床などの仕上げといった、自社の仕様にあわせた設定内容をサーバー上に置くことで、ネットワークを経由してみんな(複数台)で使用することができます。同一環境の設定内容を利用するので、担当者間での相違がなくなりミスの減少につながり、設計や積算業務の効率化が図れます。

 

また、環境ファイルがひとまとめになることで管理しやすくなり、新商品のデータ追加などのメンテナンスも一元的に行えます。

 

B-MOS Ver18を利用すれば、ネットワークの対応を標準機能として利用できます。

 

複数台のPCで図面や環境データを共有化

 

 

一次エネルギー消費性能計算プログラムと連携

 

建築研究所公開のエネルギー消費性能計算プログラムに直接連携!

 

U値η値計算ソフトが、国立研究開発法人建築研究所が公開している「エネルギー消費性能計算プログラム」に直接連携できるようになりました!

 

U値η値計算ソフトで断熱設計した計算結果がそのままエネルギー消費性能計算プログラムに反映するので、すぐにエネルギー使用量の算定やシミュレーション、ZEHの設計ができるようになり、省エネ住宅の設計のレベルアップにつながります。

エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)は、無料で利用でき、住宅用途の一次エネルギー消費量をWEB上で計算することが可能です。ZEH等の一次エネルギー消費量の設計が必要な住宅は、このソフトを使用しなくてはなりません。

 

計算結果をもとに一次エネルギー計算

 

 

 

階段の壁付手摺を自動入力!

 

廻り階段やL型階段など様々な形状に、ボタン一つで自動設置!

 

高齢者設計では必須の壁付手摺ですが、ボタン一つであっという間に設置が完了します。廻り階段のジョイント部分のつなぎもスムーズに表現され、より現実に近い階段イメージを作成することができます。

 

 

ボタン一つで階段手摺を自動作成

 

 

躯体構造パースをリアルに表現!

 

構造パースをハイレンダーやライブに出力し、躯体構造をわかりやすく説明!

 

躯体構造の説明パンフレットや動画に利用すれば、普段見る機会がない建物の骨組み部分について、もっと詳しく説明できるので、お施主様からの信頼獲得にもつながります。
また、バーチャルリアリティソフト「B-MOS VR」に利用することで、よりリアルに躯体構造を表現できます。

 

 

建物の骨組み部分もしっかり説明